朗読・文学&文章・話し方&聞き方レッスン~湘南藤沢・渋谷・京都

「わかれ道」樋口一葉

NO IMAGE

樋口一葉の「人情悲劇」ものです。

捨て子のため孤独に育った、傘屋の油引き、吉。

一人暮らしの仕立て屋お京を姉と慕い、心の支えとしている彼に訪れた、お京との別れ。

生活に疲れてお妾さんになることを決めたお京を引きとめることはできない。

一人ひとりが生きることに必死で、自分に与えられた目の前の糧に取りすがるよりほかない時、気持ちは一番後回しにされてしまいます。

いつもそれは誰かを傷つけるのだけれど、受け入れなくては自分も生きてはいけないのだから、耐えて相手をゆるす吉三の最後の言葉が切ないです。

早く始めた人から「上品な話し方」に。ボイス業界希望の方にも!