朗読教室・文章教室・パワースピーチ~湘南藤沢・渋谷・京都 *「海のまち朗読館」で朗読を始めてみませんか。磨いた知性は生涯あなたを離れません。

「手袋を買いに」新見南吉

NO IMAGE

このお話は朗読ファンにとても人気があり、朗読会で最もよく読まれている作品の一つだと思います。

このお話のナレーション部分は、状況を実況中継で説明している。

中継者は、狐の親子を愛情のあるまなざしで観ている。

そこで、読み手は、心の中の明るい面をベースにして読み続けることになります。

冬の夜、雪がたくさん降っているところに行ったことがありますか? 
その雪は真夜中過ぎにやみ、明け方にはすでに太陽が輝き、子狐がほら穴から出た時は、眩しいほど雪に反射して輝いていました。

何時ころでしょうか。冬だから日の出は遅いですね。太陽がすっかり顔を出すのは7時過ぎにはなるでしょう。

こんな風に、できるだけ具体的に物語の情景を描き、自分の頭のスクリーンに映します。

「母ちゃん!目に何か刺さった!抜いて頂戴!早く早く!!」
「!」は私が付けました(笑)。

きっとすごく痛かったのです。

まだ1歳にもならないので、経験も少なく、「痛い」→「足の裏にとげが刺さった」的な反応なのでしょうね。
だから「目に何か刺さった!」と、とっさに思ったわけです。

足にとげが刺さった時はいつもママが抜いてくれて、痛みが取れるから、この時もとっさにお母さんを呼びました。

―と、こんな風に、一行づつ物語を読み解いていくのですね。

「まっしろなゆきが、どっさりふった」のところは、韻的なリフレインを生かすと生き生きと表現できます。

「すっと」映る虹、「どたどた、ざーっ」と上から落ちてくるパウダースノー、落ち切る前に舞うさらさらした雪が「ふわーっ」と降ってくる。

擬音は思い切りよく、おなかに力を入れて表現するとリアリティを増します。

こんな解釈だけが正しいわけではないですが、このお話を読むときにはご参考にされてください。

朗読の楽しさは、一人ですべてを演出できることではないでしょうか。

丁寧に読みこむほどに、物語のなかにはいって、一緒に遊ぶことができるように思います(^O^)

呼吸・発声・発音・滑舌・標準アクセント/ 華やかな人にも目立ちたくない人にも!圧倒的な速さで初心者を抜けるハイレベルレッスンが人気です。