朗読をするだけで、あなたの人生には何度でも花が咲く

「にぎり飯」永井荷風

永井荷風は明治の東京で生れ教育を受け、留学も経験、慶應義塾大学文学部の教授もしながら小説を書いた作家です。

ニューヨークやパリで過ごし、浅草の花柳界、銀座のモボモガカフェーに身を置いた、当時は並ぶもののないほど超おしゃれな作家の書く文章は、粋で軽やかで、それからけっこうナマナマしいです。

「にぎり飯」は、昭和20年3/10の東京大空襲、猛火を生き延びた二人の男女が、炊き出しのおにぎりを一緒に食べたことから始まる物語です。

どんな環境でも、男と女がいる限り、こういうことが起こるんだなあと…。

私としては、「ホッとする」物語です。

生きようと懸命になることが未来を運んでくるのかもしれません。

それは千代子と佐藤だけじゃなくて、パンパン屋になった元彼にとっても言えることなんだろうなあと…。

写真は、文化勲章を祝った、浅草ロック座というストリップ劇場の踊り子たちとのショット。

荷風先生、戦後はここの楽屋に入り浸っていたそうですよ。

東京低空飛行
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
腹式発声で免疫力が強くなる。楽しい朗読オンラインレッスン