声に知性を含ませると、人生に何度でも花が咲く!

「まどはしの四月」片山廣子

まどはし、と書いてまどわし、と読みます。

これは、片山廣子が、エリザベス・フォン・アーニムの小説『The Enchanted April』を読んでエッセイを書いたものです。

小説は1992年にイギリスで映画化され、日本でも公開されたので、観た方もいらっしゃるかもしれませんね。

邦題は「魅せられて四月」。

enchantedには、魔法にかけられた、っていう意味があるんですね。

イタリアの四月のお城に憧れるイギリスの4人の女性。

はい、私も憧れちゃいます~(^O^)

現実の生活の中で「奇跡」はきっとある。

朗読もそんな存在になる可能性を信じて、「海のまち朗読館」はこのリサイタルをプロデュースしています。

明日は、皆様に「魔法にかけられた四月」を感じていただけましたら幸いです。

最新情報をチェックしよう!
腹式発声で心もからだもシュッとなる!表現力が高まる朗読レッスン