朗読でととのう*幸せなコミュニケーション、自信と思いやりが伝わる話し方

「身投げ救助業」菊池寛

NO IMAGE

菊池寛と言えば「父帰る」と反射的に思い出す人が多いと思います、教科書に載っていたし覚えやすいタイトルですし(^^ゞ

菊池寛は文筆家のほかに、事業家や翻訳家としての顔も持つ多彩な人。

そしてユーモアを含んだペーソスたっぷりの小説をたくさん書いています。

今回朗読する「身投げ救助業」はまさにその真骨頂。

なかなか他の人には書けない感じですね。

京都のおばあさん(おばあさんと言いつつ、43歳っていうのがまず衝撃。明治大正の頃は、43歳は老婆だったんですね!)が、身投げ者を助け、政府から報奨金をもらい、郵便貯金に預け入れる。

とっても良いことをしている自分。

しかしある日、貯金がごっそり引き出されてしまい、世をはかなんだ彼女が選んだ道は…。

スピーチ・朗読・文章「海のまち朗読館」~湘南藤沢・渋谷・京都~